通信事業について

S-collectionの通信事業について

時代は「格安」と「高価格」へ!気になる近年の通信市場

変化する市場で、選ばれ続ける企業であるために

近年、「格安SIM」を提供する企業が急増しています。
短期的にみると、格安SIMを利用するお客さまにとっては、安く豊富なサービスを利用することができるため、メリットを得られることが多いです。しかし長期的にみると、格安で提供する分サービス面での差別化がむずかしいため、価格競争となって利益を確保できずサービスの質悪化になりうるともいわれています。

 

格安SIM以外にも、供給面で通信事業に大きな変化が起こっています。
今まで携帯電話を購入する場合は、audocomoSoftBankというキャリアから選択していました。しかし、先日ニュースでも大々的に発表されたように、楽天株式会社が日本で第4の携帯電話事業者として名乗りを上げました。
楽天株式会社は、通信プランの作り方や楽天スーパーポイントの付与方法を工夫して、各サービスの充実を図り、3社から乗り換えるユーザの獲得が見込まれています。


このようにお客さまの選択肢の増加に伴って、高価格帯でも利用したくなるサービスを提供することも重要になってきています。
過当競争状態になりつつある今、選択される通信企業であるためにも、お客さまがなにを求め、なにに価値を感じているのかを掴み、提供していくことが求められています。


今や生活と切っても切り離せない存在になっている「通信事業」。
S-Collection株式会社も、目まぐるしく変化する時代の流れを掴み、「今」を切り取った「最新の付加価値」をお客さまに提供できる最先端の企業でありつづけます。