S-Collection株式会社 通信事業について

S-Collection株式会社のMVNO事業

5Gの実現でスタジアムをスマート化!

「観戦」から「体験」に!横浜スタジアムの取り組み

2020年に日本で5Gが実装されることに伴い、日々のニュースの中でも5Gという言葉が多く聞こえてくるようになりました。

以前、「世界が広がる!新しい通信サービス5Gの魅力」で紹介しましたが、5Gが実装されれば、現行の4Gと比較すると通信速度が100倍になり、ほぼリアルタイムでデータのやり取りができるようになると言われています。

また、最近では、「5G」という言葉だけではなく、普段の生活のなかで5Gの魅力を体験できる場面も徐々に増えてきました。

今回は、そんな5Gの魅力を体験できる例として、「横浜スタジアム」における「スマートスタジアム」の取り組みについて紹介します。

f:id:scollection-mvno:20191018100603p:plain

1.新しい技術を取り入れたことで楽しさ増大!スタジアムをスマート化!!

f:id:scollection-mvno:20191018100609p:plain

 

スマートスタジアムとは、5GやIoT、XR(AR/VR/MR)といった新しい通信技術を導入したスタジアムのことを指します。
横浜スタジアムの場合は、2020年に5Gのサービスを展開するKDDI株式会社と協力し、スタジアムのスマート化に取り組んでいます。

野球観戦においては、スマート化によって、5GやXR、そして自由視点を組み合わせた映像技術を活用し、ファン一人ひとりがリアルタイムでも、リプレイでも、自分の好きな視点で、観戦を楽しむことができるようになります。

また、プロ野球のシーズンオフの期間にスタジアムならではの体験ができるエンターテイメントを導入し、これまでは集客が難しかった時期でもスタジアムにファンが訪れるような仕組みを検討しています。

2.横浜スタジアムで行われる3つの取り組み

横浜スタジアムでは、観戦におけるスマート化以外にも、行動データのセンシングなどを行い、スタジアムを中心とした地域のエリアマーケティング施策の研究を行っています。

1つ目は、デジタルサイネージの活用です。設置されたサイネージで、野球の試合開催日のスタジアム内のフードやショップ、周辺の飲食店についての情報をリアルタイムで配信し、来場者の購買意欲を喚起します。

2つ目はARを用いたスタンプラリーです。
デジタルサイネージスマートフォンをかざしてスタンプを集め、抽選でサインボールがプレゼントされる企画です。この、ARスタンプラリーは9月18日~21日のプロ野球開催日に行われました。

3つ目は「au PAY」のQRコード決済の導入といった決済のスマート化です。
横浜スタジアム内の店舗や立ち売り販売、スタジアムの周辺の店舗がau PAYや電子マネー、クレジットカードでの決済に対応することで、現金でのハンドリングの手間を省き、よりスムーズに買い物ができるようになっています。
また、スマート化により得られるスタジアム周辺地域の決済データは、ビックデータとしてエリアマーケティングの研究に活かされます。


スポーツ観戦におけるスマート化は、海外ではアメリカンフットボールやバスケットボールのスタジアムなどでも進んでおり、これから日本でも「スマートスタジアム」が増え、新しい体験ができる場所が増えていくことが予想されます。

S-Collection株式会社では、最先端の技術だけではなく、そうした技術を活かした事例を紹介することで、日常の中の新しい体験を提案しつづけていけるよう努めてまいります。

世界が広がる!新しい通信サービス5Gの魅力

5Gの登場で暮らしはどう変わる?

2019年4月米国ではじめて次世代の高速通信規格「5G」が実装されたという話題は記憶に新しいと思います。
はじめて5Gを実装したのは、米通信大手 Verizon Communications Inc.
であり、5Gに対応した携帯通信向けサービスを米2都市の一部で開始しました。
日本でも2020年の5Gの実施に向けて、NTT docomoauSoftbank、Rakuten mobileが開発を進めています。

 

f:id:scollection-mvno:20190816142947p:plain

1.5Gはなぜ必要になるのか

5Gの技術を簡単に表現すると、「高速・大容量、多接続、低遅延」になります。
現在、スマートフォンWi-Fiは4Gという通信速度がつかわれています。
メールやSNS、動画や音楽を楽しむには、4Gで十分だと思っている方は多いのではないでしょうか。
しかし、今後、世界ではIoT化が進み、家電や車、服、医療などあらゆるものがインターネットと接続され、データ量が急速に増加するといわれています。
これらの機器は、確実にワイヤレスで繋がっていきます。そのとき、これまでより通信速度が高い規格が必要となり、その本命が5Gの通信網になるのです。

2.5Gの通信速度は4Gの100倍!?

f:id:scollection-mvno:20190816143151p:plain

4Gの通信速度は100Mbs程度です。これに対して5Gの通信速度は10Gbps程度までに引き上げる予定になっています。また、4Gでは10ms(0.01秒)程度の無線区間の遅延を、5Gでは1ms(0.001秒)と1/10まで短縮される予定となっています。
これにより、5Gでは大容量のデータをさらに短時間で通信できるようになります。

3.5Gで広がる現実!

5Gが適応されることで、実際にどのようなことが実現できるかを紹介します。

1.車の運転は必要なくなる⁉︎

自動車の分野では、自動運転が実用化されてくるといわれています。
信号機やほかの自動車、さらには歩行者にいたるまで、さまざまな情報を取得し、安全な走行が可能になります。
また、さまざまなセンサーをとおして、情報を共有できるようになるため、事故などのトラブルを未然に防ぐことも可能になります。

f:id:scollection-mvno:20190816144018p:plain

2.名医の手術をどこにいても受けられる⁉︎

医療分野でも5Gの適応が期待されています。
5Gの世界になると、離島や遠く離れたところから手術ロボットをとおして、リアルタイムで名医の執刀を受けることも可能になります。
また、手術ロボットが検出した触覚などにより高度な手術を受けることができます。

3.ドローンが空を自由に飛び回る⁉︎

ドローンのコントロールできる範囲も5Gの大容量、低遅延といった特徴により、さらに広がります。
また、通信システムを介し操縦が可能となるため、人が現場にいく必要性がなくなり、低コストでの運用が可能になります。
このように、5Gの実現によりリアルタイムでデータをやりとりすることができようになるため、より安全に、精度の高い操作が可能になり、宅配や道路の保守、橋梁などへの適応が期待されています。

f:id:scollection-mvno:20190816144233p:plain


このように5Gの世界が実現すると、われわれの生活がさらに豊かなものになっていきます。
日本では2020年の運用を目指し、さまざまな検討が進められています。オリンピックの年、日本はさらなる発展を迎えていくことが楽しみですね。

あなたはいくつ知っている?Googleの隠しコマンド3選

Googleの遊び心!あなたはいくつ知っている?

皆さんは、どの検索サイトをよく利用されますか。
Googleの検索サイトをつかう方は多いのではないでしょうか。

例えば「キャベツ レシピ」と入力すると、キャベツの調理法などに関するいろいろなレシピが出てきます。
Googleは、いまや知らない人はいない検索エンジンとなっています。

そんなGoogleですが、実はユーモアに溢れた隠しコマンドがあることはご存知でしたか。

今回は、そんなGoogleの隠されたコマンドについて紹介します。

1.知ったら教えたくなる!Googleの隠しコマンド3選

1.画面が一回転!?

f:id:scollection-mvno:20190716172333j:plain

まず試していただきたいコマンドが「一回転」です。
Googleの検索で「一回転」と入力し、検索してみてください。

すると、検索結果の画面が文字どおりに、ぐるりと一回転してしまうのです。

2.あれ?画面が斜めに!

f:id:scollection-mvno:20190716172155j:plain

次は、Google検索で「斜め」を検索してください。
検索結果が表示されましたか。いつもと同じような画面に見えますが、よく見てみてください。
すると、画面表示がまさかの「斜め」になってしまうのです。

3.検索画面でシューティングゲーム!?

f:id:scollection-mvno:20190716172337p:plain

最後はGoogle検索で「Zerg Rush」を検索してみてください。
すると、画面の上下、左右から赤や黄色の○が現れます。
この○にカーソルを合わせてクリックするとゲージの色が緑→黄→赤と変化し、赤になったところでさらにクリックすると、○が消えます。

このようにGoogleの検索画面には、ついつい人に教えたくなるような、さまざまな遊び心が隠されています。
これ以外にも、まだ知られていない隠しコマンドがあるかもしれません。
一度、思いついたコマンドを入力してみてもおもしろそうですね。

新しいiPad登場!?買うならどっち?

iPad登場!あなたが選ぶならWi-Fiモデル?それともWi-Fi+Cellularモデル?? 

3月18日に急遽、iPadの新モデルが発表されました。
とくに「iPad mini」は3年半ぶりの発売となり、注目を集めています。

このiPadiPad miniには64GB、256GBがあります。
さらにWi-Fiモデル、Wi-Fi+Cellularモデル(以下、Cellularモデル)があります。

ところで、この二つのモデルにどういった違いがあるのかを説明できる方は、多くないのではないでしょうか。
今回は、この二つの新モデルの違いを紹介します。

1.モデルは用途によって変更すべし!?

Wi-Fiモデル」と「Cellularモデル」の違いを一言で表すならば、「Cellularモデルのみ、通信会社のSIMカードを入れることでLTE回線を使ってインターネットができる」ことです。

通信容量に関してはWi-Fiによって決まるので、両モデルに大きな違いはありません。
Cellularモデルのほうが格安SIMなどにも対応できるため、通信容量の自由度は高くなります。

さらにくわしく説明すると、二つの違いは下記のようになります。

Wi-Fiモデルが通信できる条件はWi-Fi環境下のみ
・Cellularモデルは外でも4G LTE回線を使ってインターネットができる
・CellularモデルはGPSを内蔵しているので地図情報が正確に読める
・CellularモデルはApple SIM・eSIMに対応
・Cellularモデルはテザリング可能

以上のことから、外出先でiPadを使用することが多い人は、Cellularモデルがオススメです。
モバイルデータの回線を使用してテザリング接続できるため、とても便利です。

また、海外へ行くことの多い方にもCellularモデルがオススメです。
通常、海外で携帯端末を使用しようとすると、SIMカードを現地で調達する必要があります。
しかし、Apple SIMやeSIMを内蔵しているiPadのCellularモデルがあれば、各国の通信網の利用を設定画面から簡単に申し込むことが可能です。

このように、二つモデルにはそれぞれの特徴があります。
通常のWi-Fiモデルは購入額が安いという特徴があり、Cellularモデルは出来ることの幅が広がる代わりに値段が高価になります。

自分の生活スタイルにあったモデルを購入することで、素敵なiPadライフを楽しみましょう。

これからの日本の農業ビジネスを支えるIoT技術とのコラボ

スマート農業とは先端技術と従来の農業技術の融合!

農林水産省は以前、農業従事者の高齢化(平均年齢66.4歳、65歳以上が全体の63.5%を占める)を課題としていました。
その解決策として掲げられた技術が、最近、話題となっている「スマート農業」です。

スマート農業とは、先端技術(IoT、ロボティクス、ビッグデータ)と農業技術(匠の技、農機の操縦、栽培技術)を合わせた超省力かつ高品質生産を実現する、新たな農業のことをいいます。

今回は、そのスマート農業とIoTの関係について紹介します。

1.次世代の農業が目指す5つの方向性!

農林水産省はスマート農業が目指す5つの柱(目標)は下記のとおりです。

1.超省力と大規模生産を実現
GPS自動走行システムなどの導入による農業機械の夜間走行、複数走行、さらに自動走行などで、作業能力の限界を打破します。

2.作物の能力を最大限に発揮
センシング技術や過去のデータに基づくきめ細やかな栽培により(精密農業)、 作物のポテンシャルを最大限に引き出すことで、多収や高品質を実現します。

3.きつい作業、危険な作業から解放
収穫物の積み下ろしなどの重労働をアシストスーツで軽労化します。
さらに、除草ロボットなどによって作業の自動化を図ります。

4.誰もが取り組みやすい農業を実現
農業機械のアシスト装置により経験の浅いオペレーターでも高精度の作業が可能となるほか、ノウハウをデータ化することで若者などが農業に続々とトライする環境を構築します。

5.消費者や実需者に安心と信頼を提供
クラウドシステムにより、生産の詳しい情報を消費者や実需者へダイレクトにつなげることで、安心と信頼を届けます。

この次世代の農業が目指す5つの目標を達成することにより、より豊かな社会の実現へと向かっていきます。

2.スマート農業とドローンの活用

現在、ドローンを活用したセンシング技術や搬送機能は、ビジネスの場で広く注目を浴びています。
ドローンから得られたデータはIoTによって広く活用されるなか、農業においても同様に注目を浴びる技術のひとつとなっており、すでに商品化もされています。

ここでは、農業におけるドローンの活用事例を2つ紹介します。

1.センシング技術を搭載したドローンによるモニタリング
ドローンに搭載したNDVIカメラからのセンシングにより、「ほ場のバラつき」をマップ化や温度感知センサーを用いて、作物の温度ストレスの把握が可能になります。

2.農薬散布や種子散布
ドローンを用いての農薬散布や種子散布を実施することにより、農業従業者の負担軽減や作業時間の短縮、生産性の向上が可能になります。
また、日本は海外と異なり、中小規模の農地が多いため、飛行機による散布は向かない傾向があります。

今回は、いま話題となっているスマート農業とIoTの関係について、紹介しました。
S-Collection株式会社は、世の中の新しい技術や運用方法を収集し、より企業活動が促進する情報を発信していきます。

LINE電話を業務で活用するときの重要な2つのポイント!

通話機能とここが違う!LINE電話の通信方法と特徴!

近年、コミュニケーションアプリとして代表的なサービスにLINEがあります。日本では現在、7,300万人以上のユーザーがおり、手軽に連絡を取れるチャットツールとしてのみならず、決済システム、LINE電話などのサービスを展開しています。今回はそのなかでLINE電話と端末の通話機能の通信方法の違いを、業務における利便性の観点から紹介します。

1.LINE電話の通信方法は複雑なため、通話品質が不安定

まず、LINE電話と端末の通信方法の違いについて説明します。同じ電話をする動作でも、LINE電話と端末の通話機能を使い、自身の端末から発信して相手の端末へ着信するまでの経路には大きな違いがあることがわかります。

端末の通話機能から発信した場合

①自身の端末から発信
➁携帯会社の通信網を経由
③相手の端末へ着信

LINE電話から発信した場合

①自身の端末から発信
➁携帯会社の通信網を経由
③インターネットを経由
④LINE社のシステムへアクセス
⑤インターネットを経由
⑥携帯会社の通信網を経由
⑦相手の端末へ着信

通信方法の違いにより通話品質に大きな差が発生します。要因として、端末からの通話は携帯会社の帯域保障をしている通信網のみを経由しているため高品質で安定していますが、LINE電話での通話はインターネットを経由しているため、インターネットの通信環境に大きく左右され、通話時の通信環境により通話が不安定になります。

2.LINE電話は無料、電話会議も簡単!

LINE電話のを業務で活用するうえで利便性と課題を紹介します。まず利便性において、社内間のコミュニケーションツールとして、LINE電話は非常に便利です。通信容量(1分0.3MB)は掛かりますが、通話料は無料です。またグループ間での複数人同時通話も可能なため、電話会議が気軽にできます。またグループ間でのチャット機能で参考資料なども共有することができます。
コミュニケーションツールとしてLINEは非常に便利ですが、仕事で使用する課題は、双方がLINEのアカウント登録をすることです。法人によって、職場内で個人または会社貸与のスマートフォンでのLINEアプリの使用を禁止している会社があります。双方でスマートフォンのLINEのアカウント登録ができる法人同士では通話料が無料になるため有効ですが、現段階ではまだ利用できる法人は数少ないです。

今回は、プライベートでよく使われているLINE電話について紹介しましたが、仕事でうまく活用できれば、職場内や取引先とのコミュニケーションがスムーズになり、コスト削減にもつながります。情報化社会において情報共有のスピードがさらに求められているため、仕事でもLINE電話やLINE電話での電話会議機能をつかわれる機会が少しずつ増えることが予想されます。これからの世の中の動きに合わせ、S-Collection株式会社は最新情報を随時発信していきます。

 

クラウドサービスとインターネット回線の関係!

クラウドサービスの種類!!

以前、「 ソフトウェアのインストールは不要!新たな利用形態「クラウド」」でクラウドサービスについて説明しましたが、今回はさらに詳しく説明します。クラウドサービスは、インターネットに接続して利用するソフトウェアサービスのことをいいます。


大きく分けて3つ!!

クラウドサービスはソフトウェアサービスの提供形態によって、3つに区分されています。

SaaS(Software as a Service)

SaaSは、アプリケーションを提供するクラウドサービスです。馴染み深いものにGmailDropboxMicrosoft OneDrive、Google Driveなどがあります!。
以前は、メールを送るためにもOutlookBecky!といったメールソフトを自分のパソコンにダウンロードしてから初めて利用することができましたが、SaaSの登場で、インターネット上にログインをすれば、利用できるようになりました。


➁PaaS(Platform as a Service)

PaaSはミドルウェアとOSを提供し、主にアプリケーションの開発に利用されています。
AWSAmazon Web Service)やMicrosoft Azure、IBM Bluemixなどが代表的です。エンジニアが開発の際に利用することが多く、新しいアプリケーションを開発するために開発環境をまず構築していた時代から大幅なコスト削減と仕事の効率化が実現しました。

③IaaS(Infrastructure as a Service)

SaaSはOSを提供し、アプリケーションやプラットフォームを自由に開発できます。
AWSMicrosoft Azureが代表的です。IaaSが登場する前は、ひとつのアプリケーションを開発するためにひとつのサーバーが必要でした。インターネットの普及でアプリケーションの数が増え、同じように導入するサーバーの数も増えた結果、サーバーが乱立し管理が課題となっていました。そこで、IaaSを利用することによって「仮想サーバー」を構築することが可能になり、サーバーをアプリケーションごとに導入する必要がなくなりました。

インターネット回線へも影響あり!?

ここまでにクラウドの用途と違いを説明してきましたが、すべてのクラウドに共通していえることは、インターネット回線につながっいるという点です。しかし、アプリケーションをつかうこと(SaaS)と、開発すること(PaaS・IaaS)は扱うデータ量が異なることがあります。データ量が増えるとクラウドサービスにつながっているインターネット回線の通信量も増えます。クラウドサービスを導入する場合は、「どういった用途でクラウドを使って、どのくらいのデータ量や通信量を使用するのか」によってインターネット回線や通信環境を検討する必要があります。