通信事業について

S-collectionの通信事業について

通信品質はどう違うの?誰もが気になる大手キャリアとMVNOの違い

MVNOは安く利用をすることが出来ますが、通信の品質や対応エリアを気にされる方が少なくないと思います。

 

今回はMVNOが提供する通信の品質、および対応エリアについて説明します。

 

前回の記事(世の中にはどんなMVNOがあるの?)にも記載した通りそもそも MVNOはキャリアの回線を利用してサービスを提供をしています。
要するに、docomoauSoftbankの回線をそのまま使っているため、最高通信速度や対応エリアは各キャリアが提供しているサービスそのものです。
使用する携帯端末が高速通信に対応していると、そのまま高速通信も使用出来ます。

 

ここで注意しておきたいのが、各キャリアと同じ品質というのは、あくまでも利用が出来る最高通信速度や対応エリアについてです。

実際にMVNOの企業での通信を使用してみると、各キャリアから間借りした電波帯域を使用していることから、大元のキャリアだけを使用する場合の最高通信速度や対応エリアの安定度合いにばらつきが起こります。


次に、MVNOを提供している企業側から通信速度の差が生じる理由を見ていきます。

 

この通信速度に差が生じる理由は、「回線帯域の太さ」と「通信設備」の違いがあり、この「回線帯域の太さ」と「通信設備」は各企業で異なっています。
一般に言われているのが、通信帯域が太いとユーザやアクセス数が増加に通信速度が影響を受けにくい(低下しにくい)。通信設備に投資をしていると、データの処理速度が向上し、回線の混雑時に与えるユーザー側のストレスを減らす(体感として速度低下によるストレスを感じにくい)と言われています。
つまり、通信帯域をしっかり確保し、通信設備に投資をしていることが、通信速度をより安定させることになります。

 

しかし、多すぎる回線容量を確保したり、通信設備に投資しすぎたりすると、その分コストがかかりすぎてしまうため、「格安」の通信サービスを提供するのが難しくなります。
MVNOを提供している企業はその通信速度と価格のバランスをとってサービスの提供をしています。

 

前回の記事(世の中にはどんなMVNOがあるの?)でも触れましたが、S-Collectionはf-Phoneのように実際の利用者の声に応えるサービスを付加価値として提供しています。MVNOを選ぶポイントは、「付加価値」か、「安定した通信」等、何を求めるかで企業を選ぶことに変わりつつあります。

世の中にはどんなMVNOがあるの?

前回から紹介しているMVNOの市場には650社以上が参入しています。
MVNOのシェアの多くを占めている企業は誰もが一度は聞いたことあるのではないでしょうか。
例えば、以下の企業です。

 

NTTコミュニケーションズ(OCN)
インターネットイニシアティブ(IIJmio)
楽天(楽天モバイル)
ケイ・オプティコム(mineo)
ビッグローブ(BIGLOBE SIM)
UQコミュニケーションズ(UQモバイル)

 

企業CM、PR活動などで見たことがある人が多いことでしょう。

 

これらのMVNO(仮装移動体通信事業者)は、キャリアの回線を借りて、サービスを提供をしています。
現在、多くの企業が参入しており、価格競争となっている現状があります。
そのため、今の料金形態では100万契約が損益分岐点となるといわれています。

 

そんな中、他の企業とは違う形のMVNOサービスを提供している企業もあります。
株式会社クロスオーバーイノベーションが提供する「F-Phone(ファンフォン)」です。

 

このF-Phoneはアーティストのファンクラブとスマートフォンを一体化させた他のMVNOとは売り出しているポイントが異なるサービスです。
データ通信し放題、話し放題、ファンクラブ代すべて含めて4,980円(税抜)で提供しています。
携帯通信料だけで比べても通常の携帯電話通信会社よりも安くそれにファンクラブ会員権がついてくる上に、F-Phone限定の特典もあります。
アーティストのファンの方々にはとってもお得なサービスとなっています。
現在のラインナップとしては「HydePhone」「GACKT PHONE」「TETSUYA-PHONE」と誰もが知っている有名アーティストが揃っています。

 

S-Collectionでもこの「F-Phone」のようにお客様に通信サービスだけではなく、
実際にご利用いただいているお客様の声を元に、より喜んでいただけるサービスを提供していきます。

今さら聞けない、MVNOとは?

"S-CollectionではMVNO事業・附帯関連するサービス、またMVNO立ち上げ支援を行っています。
このサービスや支援を通してお客様の満足度の向上に挑戦しています。
「世界をここから変えていく」をスローガンに、お客さまがより豊かに暮らせる、ビジネスがより多彩に展開できる社会づくりを目指してます。

 

MVNOは、少し前に話題になりました。
今では多くの人が使っています。 しかし、MVNOと聞いてすぐにピンと来る人は少なくないでしょう。
MVNO」とは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、日本語では「仮想移動体通信事業者」と言います。

 


MNVOには「IIJmio」、「楽天モバイル」、「mineo」、「U-mobile」、「NifMo」、「UQ mobile」といったサービスがあります。

 

このMVNOに対して「MNO」があります。
「MNO」とは「Mobile Network Operator」の略で、日本語では「移動体通信事業者」といいます。
「ドコモ(docomo)」「au」「Softbankソフトバンク)」といった会社がMNO(キャリア)となります。

 

 

日本語を見ていただくとわかりますが、MVNOはMNOと違い「仮想」という言葉がつきます。
この言葉通り、ドコモ、auソフトバンクといったMNO(キャリア)が通信サービスを提供するにあたって
基地局などの設備を自前で保有しているのに対して、MVNOは、自前の設備を一切保有していません。
MVNOはキャリアにお金を払って回線を借りて、サービスを提供をしているのです。

 


"

ブログ始まります

はじめまして。

Sコレの通信事業部のイベント担当です。

 

ここでは、イベントの楽しみ方、魅力など参加者が実際に楽しむ情報から

Sコレが企画・主催するイベントの情報。

表には出てこない裏側まで、気になる情報をお伝えしていきます。

 

更新頻度は、週に数回にはなりますが、

読者のためになるようなことが書けたらと思っています。

 

楽しみにしていてください。