S-Collection株式会社 通信事業について

S-Collection株式会社のMVNO事業

【VRグラスとは】知っておきたいVRの基礎知識と最新ツール

VR体験は「スマートフォン+VRゴーグル」から「VRグラス」へ


VR」という言葉を、多くの方はどこかで耳にしたことがあるでしょう。
VRとは「Virtual Reality」の略で、見ている現実とは違う現実、「仮想現実」のことです。

またVRと似た言葉に、AR(Augmented Reality)があります。これは現実の世界に新しい世界を追加する「拡張現実」のことであり、例えばアプリゲーム『ポケモンGO』はこのARの技術を活用しています。

そして、VR元年と称された2016年以降はVRの技術も大きく進化し、ARと同じく身近なものになりつつあります。

かつてのVRを体験するツールは「スマートフォン+VRグラス(ゴーグル)」が主流でしたが、徐々に「VRグラス」のみへと移行しています。

今回は、こうしたVRの体験ツールの遷移にくわえてVRグラスの魅力を紹介します。


1.まずはVR基礎!黎明期は体験ハードルを下げた「スマートフォン+VRグラス」が主流


現在、VRをさまざまな方法で体験できますが、VR黎明期ではゴーグルへスマートフォンを装着するVRグラス(ゴーグル)が主流でした。
2016年頃から、誰もが持っているスマートフォンを利用したVRグラスによるVR体験は、黎明期を支えるお手軽なツールとして普及しました。
想像することがむずかしく、「体験しないと魅力がわからない」といわれるVRの世界。一歩踏み入れるハードルを下げた手法こそ、「スマートフォン+VRグラス(ゴーグル)」だったのです。
VRの認知を広めるため、スマートフォンというツールは黎明期において合理的だったといえます。

しかし近年では、VRの普及や技術の進歩によって、スマートフォンを利用しないVRグラス単体のみのツールも浸透しはじめました。
体験ツールが「スマートフォン+VRグラス」から「VRグラス単体」へと遷移しているのです。

つぎに、最新のVRグラスがどんなツールなのか、どんな体験ができるのかを紹介します。


2.VR体験ツールの遷移!最新技術でより高性能に


2020年1月にアメリカで開催された「CES 2020」において、Panasonicが最新のVRグラスのモデルを発表しました。
有機EL搭載の軽量化、高品質を実現した体験ツールです。
このモデルは、VRグラスの大手メーカーである「Kopin Corporation」とPanasonicが共同で開発しました。
ゴーグルというよりもメガネのように装着でき、より身近に感じるフォルムが特徴です。

5Gの時代へ向けて各企業が開発を続けていることもあり、VRツールはより高性能になっています。
小型化、軽量化がくり返されるなかで、VRツールの主流がゴーグルからメガネ型(グラス)へ変化することは、自然な流れだといえます。

さらにVR体験ツールの主流は、上から被るように装着するゴーグル型から、耳へかけるだけのメガネ型へ変化しています。
また軽量化だけではなく、画質の向上、技術や物理的な面でも進化の一途を辿っています。

PanasonicVRグラスの開発部門では、「本物と間違うようなVR体験」をテーマに、画質を8K(フルHDの16倍にもなる高解像度で、本物と見間違えるほどの立体感がある超高画質)にすることを目標としています。
これが実現すると、VRグラスを使っているときとそうでないとき、どちらが目の前の現実がわからなくなる可能性もあるほどです。

いま目の前に映っている世界はどの世界なのか。VRなのか。現実なのか。
このような感覚を覚えることも考えられます。いよいよ、SFだと思われていた近未来の世界が現実味を帯びはじめます。
VRは、体験しないとわからない」とは、けっして誇張された表現ではないでしょう。

よりリアルに、身近になっていく、ヴァーチャルの世界。
VRツールが容易に手に入るようになるにつれ、VRの技術は暮らしの身近なアイテムとなり、日常で活躍するようになっていきます。
VRは前述したPanasonicをはじめ、大手企業によって急速に開発が進む分野であり、今後は人々の生活部分にまで大きく関わる技術です。
いまのうちにVRの世界を知って体験し、時代の流れを感じることは貴重な経験と言えます。


3.デジタルとアナログの世界の共存!人の暮らしとの関係


今回は、話題のVRとその体験ツールについて紹介しました。

今後、VRの世界における、体感、体験は、実質無限に広がり、個人が経験できることはより多くなると予想できます。見方を変えれば、個人の裁量によってVRの世界でできる体感や体験は、どこまでも広げることができるといえます。

VRツールに限らず、どれだけ技術が進歩しても、それを扱うのは人であり、VRなどの技術は、あくまで生活を豊かにするためのひとつのツールです。
新しい体験を求める価値観や、そうした想いを持つ人同士のつながりがあってこそ、新しい技術は暮らしをより豊かにするでしょう。

S-Collection株式会社は、デジタルの世界が広がっているからこそ、多くのイベントや取り組みで培ってきた、人と人のつながりによる体験や体感を活かして、デジタルとアナログの相乗効果による新しい価値を提供しつづけます。