S-Collection株式会社 通信事業について

S-Collection株式会社のMVNO事業

世界が広がる!新しい通信サービス5Gの魅力

5Gの登場で暮らしはどう変わる?

2019年4月米国ではじめて次世代の高速通信規格「5G」が実装されたという話題は記憶に新しいと思います。
はじめて5Gを実装したのは、米通信大手 Verizon Communications Inc.
であり、5Gに対応した携帯通信向けサービスを米2都市の一部で開始しました。
日本でも2020年の5Gの実施に向けて、NTT docomoauSoftbank、Rakuten mobileが開発を進めています。

 

f:id:scollection-mvno:20190816142947p:plain

1.5Gはなぜ必要になるのか

5Gの技術を簡単に表現すると、「高速・大容量、多接続、低遅延」になります。
現在、スマートフォンWi-Fiは4Gという通信速度がつかわれています。
メールやSNS、動画や音楽を楽しむには、4Gで十分だと思っている方は多いのではないでしょうか。
しかし、今後、世界ではIoT化が進み、家電や車、服、医療などあらゆるものがインターネットと接続され、データ量が急速に増加するといわれています。
これらの機器は、確実にワイヤレスで繋がっていきます。そのとき、これまでより通信速度が高い規格が必要となり、その本命が5Gの通信網になるのです。

2.5Gの通信速度は4Gの100倍!?

f:id:scollection-mvno:20190816143151p:plain

4Gの通信速度は100Mbs程度です。これに対して5Gの通信速度は10Gbps程度までに引き上げる予定になっています。また、4Gでは10ms(0.01秒)程度の無線区間の遅延を、5Gでは1ms(0.001秒)と1/10まで短縮される予定となっています。
これにより、5Gでは大容量のデータをさらに短時間で通信できるようになります。

3.5Gで広がる現実!

5Gが適応されることで、実際にどのようなことが実現できるかを紹介します。

1.車の運転は必要なくなる⁉︎

自動車の分野では、自動運転が実用化されてくるといわれています。
信号機やほかの自動車、さらには歩行者にいたるまで、さまざまな情報を取得し、安全な走行が可能になります。
また、さまざまなセンサーをとおして、情報を共有できるようになるため、事故などのトラブルを未然に防ぐことも可能になります。

f:id:scollection-mvno:20190816144018p:plain

2.名医の手術をどこにいても受けられる⁉︎

医療分野でも5Gの適応が期待されています。
5Gの世界になると、離島や遠く離れたところから手術ロボットをとおして、リアルタイムで名医の執刀を受けることも可能になります。
また、手術ロボットが検出した触覚などにより高度な手術を受けることができます。

3.ドローンが空を自由に飛び回る⁉︎

ドローンのコントロールできる範囲も5Gの大容量、低遅延といった特徴により、さらに広がります。
また、通信システムを介し操縦が可能となるため、人が現場にいく必要性がなくなり、低コストでの運用が可能になります。
このように、5Gの実現によりリアルタイムでデータをやりとりすることができようになるため、より安全に、精度の高い操作が可能になり、宅配や道路の保守、橋梁などへの適応が期待されています。

f:id:scollection-mvno:20190816144233p:plain


このように5Gの世界が実現すると、われわれの生活がさらに豊かなものになっていきます。
日本では2020年の運用を目指し、さまざまな検討が進められています。オリンピックの年、日本はさらなる発展を迎えていくことが楽しみですね。