S-Collection株式会社 通信事業について

S-Collection株式会社のMVNO事業

海外旅行者に話題のeSIMが便利な理由!

今話題の、「eSIM」ってなに?

みなさまは、最近話題に上がることが増えてきた、 「eSIM」という言葉を聞いたことあるでしょうか?
eSIMとは、「Embedded SIM」の略で、2017年にNTTドコモから「dtab Compact d-01J」が発売されてから、注目を集めるようになりました。Apple Watchや一部のiPadでも対応しており、これからも対応する端末が増えてくると予想されます。
今回は、そんな話題の「eSIM」についてご紹介します。

eSIMとは?

SIMカードには、電話番号や契約している通信事業者情報などの契約者情報が保存されており、その情報をもとに音声通話やデータ通信ができるようになっています。
詳しくはこちらの記事(格安SIMってなに?)で解説していますので、合わせてご一読ください。
従来のSIMカードは、情報を書き換えるのに専用機器が必要だったため、店頭などで直接書き換えるか、複数枚SIMカードを保持し用途に合わせて差し替える必要がありました。
eSIMの最大の特長は、リモートで利用者の手元でSIMカードの更新ができるため、わざわざ店頭に行かなくても、通信事業者の切り替えが可能であることです。

eSIMのメリット

購入時に通信事業者を決めずに、あとから決めることができるため、ユーザーの選択の幅が広がります。リモートで操作できるので、利用者の手元で任意のタイミングで利用するネットワークを切り替えることができます。用途によって通信事業者を変えることができ、海外旅行などでの活用が考えられます。
SIMには大きく「音声SIM」と「データSIM」があります。音声SIMはデータローミングに対応していますが、データSIMは対応していません。(データローミングについては、こちらの記事を参照ください。)
データSIMで契約している場合、データローミングに対応していないため、海外旅行先で対応しているプリペイドSIMを購入し差し替える必要がありますが、eSIMの場合、リモートで通信事業者を変更できるため、購入手続きやSIMの差し替え作業を行う必要がなく、非常に便利です。
スマートフォンタブレットだけではなく、ノートパソコンなど対応機器もこれから増えてくることが予想されており、これからeSIMの普及が加速していきそうです。