通信事業について

S-Collectionの通信事業について

通信業界で脱コモディティ化するには

コモディティ化が進む現代社

モノやサービスにあふれた現代社会において、どの業界においても「コモディティ化」が進み、多くの企業が価格競争の波に追いやられています。そこで今回は、コモディティ化から抜けだす方法とともに、S-Collection株式会社の取り組みについてもお伝えします。

 

コモディティ化とは

コモディティ化とは、市場参入時には高い付加価値を持っていた商品の市場価値が低下し、一般的な商品になることです。コモディティは、「日用品」や「必需品」といわれる食べものやエネルギーなど、いわゆる「商品」を指す言葉であり、ビジネス用語では「一般化」の意味でも使われています。コモディティ化した商品は、市場価格が主な比較対象となるため、今後も低価格競争が余儀なくされます。

 

コモディティ化から抜けだすために

コモディティ化を抜けだすためには、大きく2つの方法が考えられます。

1.製品、企業のブランド価値向上

「企業自体のブランド化」で有名なのは、アメリカのアップル社です。アップル社は徹底して自社製品のブランド化を進めています。アップル社の開発したiOSはアップル製品以外では使用することができません。また、自社が運営するアップルストアに提供されるアプリケーションはすべてアップル社の審査を受けています。このように徹底して自社製品を管理することによって、製品やサービスの品質を保ち、結果的に熱狂的なアップルファンを生みだすことにつながっています。

2.製品、顧客の再定義

「製品、顧客の再定義」においてもアップル社は成功しています。その製品というのは、スマートフォンです。アップル社の開発したスマートフォンiPhone」はそれまでの携帯電話の定義を変えました。「音楽を聴く携帯電話」これが「iPhone」で打ち出したコンセプトでした。さらに、独自で運営するアップルストア経由でさまざまなアプリケーションをインストールすることで、iPhoneは個人に合わせて独自の機能を持ったデバイスへと生まれ変わりました。従来の携帯電話とはまったく異なる製品で、携帯電話市場がスマートフォン市場に生まれ変わったのです。

 

S-Collection株式会社が提供する付加価値

S-Collection株式会社の通信事業はお客さまの声から生まれました。お客さまとの強固な関係性を築いてきたことで付加価値が高く、他社と差別化できるサービスを提供できています。今後もお客さまの声を大切にしながら、世の中のニーズに合わせた付加価値の高いサービスを提供していきます。