通信事業について

S-Collectionの通信事業について

困った!Wi-Fiがつながらない?!そんなときの対処法

つながらない原因とは?

前回、Wi-Fiスポットの利用者が増えているとお伝えしました。
便利な反面、契約が必要だったり、ログインが求められたり、接続できない場合があります。今回は、Wi-Fiスポットにつながらない原因と、その対策についてお伝えします。

まず、Wi-Fiスポットにつながらない原因は主に3つです。

1.事業者との契約が必要な場合
 こちらは、携帯キャリア事業者と契約していないと使用できません。
 お店の入口にステッカーが貼っているので、契約しているか確認が必要です。

2.ログインが求められている場合
 カフェやコンビニなど独自のWi-Fiスポットを提供している場所で利用する際に起こりやすく、お店の独自のアカウントを持っていないと利用できません。
 SNSアカウントと連携、メールアドレスの登録や店内のパスワードなどが必要になり、ログインして初めて使用できます。

3.周囲の電波状況が混み合っている場合
 繁華街や人混みの多い場所だと電波が干渉し合い、なかなか接続できない場合があります。 

上記の対策について、次の項目でお伝えします。


つながらないときの対策

Wi-Fiには、2.4GHz帯と5GHz帯という2つの周波数帯が規格として定義されています。周波数帯とは、電波の周波数の範囲を表し、この範囲が広いほど一度にたくさんのデータをやりとりできます。
※周波数帯によってSSIDを分けています。どのSSIDが、どの周波数帯なのかはサービス提供事業者へ確認してください。

規格化当初からほとんどのWi-Fi機器で利用可能な2.4GHz帯は、電子レンジやコードレス電話などを使用する際に発する電波にも含まれているため、干渉して通信が不安定になることがあります。その際は、5GHz帯に切り替えることで快適にWi-Fiを使うことも可能です。

ただし、5GHz帯は壁や床など障害物に弱いため、鉄筋コンクリートの建物でいくつかの部屋を隔てる場合は、安定した通信状況を確保するためには2.4GHz帯の利用に切り替える必要があります。

以上が、Wi-Fiにつながらない原因と対策です。


S-Collection株式会社は通信事業としてMVNOを取り扱っており、利用いただいているお客さまは公共Wi-Fiを無料で利用できます。今後、さらにWi-Fiスポットが増えていく中で、より快適にWi-Fiをご利用いただけるよう情報提供にも努めてまいります。