通信事業について

S-Collectionの通信事業について

増加しつづけるWi-Fiスポット!その理由とは?

Wi-Fiスポットの利用状況

前回の「近年急激に増加!?Wi-Fiスポットについて - 通信事業について」に引きつづき、Wi-Fiスポットについてお伝えします。


ICT分野に関する調査を専門に行う株式会社ICT総研が、Wi-Fiスポットに関する近年の利用状況について、「公衆無線LANサービス(Wi-Fiスポット)市場に関する調査結果(2017年9月21日)」を発表しました。2017年度のWi-Fiスポットの利用者数は、前年比17%増の5,046万人となると予想されています。内訳は、個人利用者3,374万人、ビジネス利用者408万人、訪日外国人利用者1,264万人です。

 

MNO(移動体通信事業者)、MVNO(仮想移動体通信事業者)はともに、20GB以上使えるスマートフォン用のパケット大容量プランを充実させたことで、LTE(4G)を利用したデータ通信量が増えたことが影響し、伸び率はやや落ち着きましたが、訪日外国人のニーズもあり、利用者数としては増加しました。


訪日外国人のニーズとは?

2013年ごろから訪日外国人旅行者が急激に増えています。その要因についてはここでは割愛しますが、今後2020年の東京五輪に向けてさらに増えることは間違いありません。そのような背景のなかで、「訪日外国人が旅行中困ったこと」に関して観光庁が発表しています。


「無料公衆無線LAN環境」という項目では、2014年36.7%(第1位)、2015年46.6%(第1位)、2016年28.7%(第3位)となり、近年大きく改善されていることがわかります。特に、空港や宿泊施設で大きく改善されたという結果になっています。

 

今後もさらにWi-Fiスポットは増えていき、よりインターネットが利用しやすい世の中になることが予想されます。