通信事業について

S-Collectionの通信事業について

意外と知らないWi-Fiの豆知識

Wi-Fiの用語について

S-Collection株式会社のMVNOを利用すると、全国のau Wi-Fi SPOTWi-Fiを利用することが可能です。
そこで今回は、「Wi-Fiについて調べるとよく出てくるが、意外と知らない用語」について説明します。

 

IEEE802.11とは

IEEE802.11」とは、無線LANの国際的な標準規格のことです。通信規格には、a、b、g、n、acと存在し、最近は「IEEE802.11n」や「IEEE802.11ac」に対応するモデルが主流となっています。なかでも、高速通信が可能な「11ac」という規格は、他の規格にくらべて一度に運ぶ情報量が多いため、無線通信の転送効率が向上します。

 

GHzとは

「GHz」とは無線電波の帯域のことです。
「2.4GHz」と「5GHz」の2種類あり、それぞれ下記のような特徴があります。

・「2.4GHz」
電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けやすいが、障害物に強い

・「5GHz」
電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくいが、障害物に弱い

「2.4GHz」より「5GHz」のほうが、高速通信が可能ですが、障害物には弱いため、場所によっては「2.4GHz」のほうが安定する場合もあります。利用環境や使用目的に応じて、どちらが最適か考えていただくことをおすすめします。

 

Mbpsとは

「Mbps」(メガビーピーエス)とは、1秒間に送受信可能なデータ量をあらわす単位です。
数値が大きいほど 、通信速度が速くなります。
よく一緒に掲載されている「上り」と「下り」の意味は下記の通りです。

・「上り」
パソコンや携帯電話からインターネット上へファイルを転送する際の通信。
(例)ブログに写真を載せる際の通信。メールの送信。

・「下り」
インターネット上からファイルをパソコンや携帯電話に受け取る際の通信。
(例)インターネットから音楽や画像をダウンロードする。メールの受信。

※通信速度は「上り」「下り」で異なります。詳しくは、「通信速度はどの程度?測定してみた - 通信事業について 」でもご確認いただけます。

 
au Wi-Fi SPOTは国内における利用範囲が広がっており、IEEE802.11ac(超速Wi-Fi)に順次対応しています。
お客さまに対して、より便利で、快適なインターネット環境が整ってきています。