通信事業について

S-Collectionの通信事業について

減る「圏外」がもたらすビジネスチャンス!?

「そこでスマホが使えるようになった」理由

近年、あらゆるシーンでスマートフォンタブレットをつかう人が増えてきています。路上、店内、および電車内など、どこに行ってもスマートフォンユーザーを見かけるようになりました。特に、電車での移動中にスマートフォンを使用する人は非常に多いです。では実際のところ、電車内で電波はどれほどつながりやすいのでしょうか。


数年前から、スマートフォンは地下鉄でも圏外にならずに利用できることが多くなりました。これは通信会社が地下鉄のトンネル内にアンテナを設置し、乗客がメールやインターネットを利用できる環境を整えたからです。2010年にはSoftBankが「電波改善宣言」を行い通信環境の整備を集中的に行うなど、都心から離れた場所でも、圏外で使用しづらいエリアは減少しています。

 
インターネットや通話をするうえで必要な基地局が、全国的に年々増設されているため、どこでもスマートフォンを利用しやすくなっています。ただし、高層ビルや路地裏など、基地局の数を増やすだけではカバーしきれない箇所もあります。その問題を解決するために、高度な技術によるエリアシミュレーションができるソフトウェアを導入し、電波が届きにくいエリアをあらかじめ把握できるようになりました。

 

通信環境の改善のスピードは、技術の進化により各段に上がってます。しかしながら、改善の余地がまだある通信環境は、通信業界におけるビジネスチャンスでもあります。S-Collection株式会社は技術の進化とともにより安定した通信サービスを提供し、お客さまのニーズに応えていきます。