通信事業について

S-Collectionの通信事業について

通信速度はどの程度?測定してみた

大公開!S-Collection株式会社のMVNOの通信速度

かつてユーザーが通信事業会社を選ぶ際は、大手キャリアのdocomoauSoftBankのみでしたが、現在ではY!mobileのような自社で回線をもつMNOや、大手キャリアの回線を借りて利用するMVNOも増えてきました。
S-Collection株式会社のMVNOも、auの通信回線網を利用しています。回線の一部を利用するため、よくユーザーや企業様から「利用するにあたって、通信速度は速いのか」という質問をいただきます。
そこで今回は、実際に通信速度を測定してみました。


送信速度の「下り」と「上り」の解説と測定方法

通信速度の測定では「下り」、「上り」という表現をします。
「下り」とは受信速度のことで、インターネット検索時の表示速度や動画の再生の速度などに影響します。一方「上り」とは、送信速度を指し、データやメールの送信の速度などに影響します。
通信速度はMbpsで表し、数値が大きいほど速いことを意味します。

今回の測定方法は、「iPhone6S」にて速度テストを実行し、回線速度の測定を行いました。測定時刻は9時ごろ、12時半ごろ、17時半ごろで5回ずつ測定し、中間値を画像で紹介しています。

 

朝の通信速度

朝9時ごろの通信速度の測定結果は、下記のとおりです。

f:id:scollection-mvno:20180125201937p:plain


下りが37.7Mbps、上りが10.8Mbpsとなりました。通信量の多い動画視聴などの利用者が少ない朝の時間帯は、比較的速度が速いことがわかります。


昼の通信速度

12時半ごろは昼休み時の方が多く、スマートフォンの利用者が多い時間帯といわれます。この時間帯の通信速度の測定結果は、下記のとおりです。f:id:scollection-mvno:20180125201925p:plain

下りが32.6Mbps、上りが3.33Mbpsとなりました。利用者が集中すると、通信速度が少し低下するようです。

 

夕方の通信速度

通信速度の測定結果は下記のとおりです。

f:id:scollection-mvno:20180125201930p:plain

 

下りが38.7Mbps、上りが1.01Mbpsとなりました。上りは測定によっては10Mbpsまで出ている結果もあり、朝の時間帯と同様の通信速度であることがわかります。


通信速度の目安

インターネットを快適に利用できる通信速度が「下り◯◯Mbps」という明確な数字はありません。ただし、Youtube動画を視聴する際に、快適に動画再生ができる「下り」の回線速度は下記の速さだといわれています。

 ・4K画質・・・20 Mbps 以上
 ・HD画質(720p)・・・5 Mbps 以上
 ・標準画質(360p)・・・2.5 Mbps 以上

快適に視聴するには、最低でも3Mbps以上は必要です。
S-Collection株式会社が提供するMVNOの通信速度は、混雑時であっても充分快適なインターネット利用ができることがわかります。

※測定結果は場所、時間帯などさまざまな要因によって刻一刻と変化しますので、目安として参考にしてください。

 

安定した通信速度

今回は、S-Collection株式会社が提供するMVNOの通信速度について紹介しました。

S-Collection株式会社のMVNOが選ばれる理由1 - 通信事業についてでも紹介しました「安定した通信」を、たしかに実現しています。
S-Collection株式会社は、「安定した通信」と「独自の付加価値」を強みに、今後も通信事業をより拡張させ、企業様に価値あるサービスを提供していきます。