通信事業について

S-collectionの通信事業について

何がちがうの?大手キャリアとMNVOを徹底比較

MVNOは安く利用することが出来ますが、通信の品質や対応エリアを気にされる方が少なくないと思います。

 

今回はMVNOが提供する通信の品質、および対応エリアについて説明します。

 

前回の記事「まるわかり!MVNOの国内事情とは?」でもご紹介したとおり、そもそも MVNOはキャリアの回線を利用してサービスを提供をしています。
要するに、docomoauSoftBankの回線をそのまま使っているため、最高通信速度や対応エリアは各キャリアが提供しているサービスそのものです。
使用する携帯端末が高速通信に対応していると、そのまま高速通信も使用出来ます。

 

ここで注意しておきたいのが、各キャリアと同じ品質というのは、あくまでも利用が出来る最高通信速度や対応エリアについてです。

実際にMVNOの企業での通信を使用してみると、各キャリアから間借りした電波帯域を使用していることから、大元のキャリアだけを使用する場合の最高通信速度や対応エリアの安定度合いにばらつきが起こります。


次に、MVNOを提供している企業側から通信速度の差が生じる理由を見ていきます。

 

この通信速度に差が生じる理由は、「回線帯域の太さ」と「通信設備」の違いがあり、この「回線帯域の太さ」と「通信設備」は各企業で異なっています。
一般に言われているのが、通信帯域が太いとユーザやアクセス数が増加しても通信速度は影響を受けにくい(低下しにくい)。通信設備に投資をしていると、データの処理速度が向上し、回線の混雑時に与えるユーザー側のストレスを減らす(体感として速度低下によるストレスを感じにくい)と言われています。
つまり、通信帯域をしっかり確保し、通信設備に投資をしていることが、通信速度をより安定させることになります。

 

しかし、多すぎる回線容量を確保したり、通信設備に投資しすぎたりすると、その分コストがかかりすぎてしまうため、「格安」の通信サービスを提供するのが難しくなります。
MVNOを提供している企業はその通信速度と価格のバランスをとってサービスの提供をしています。

 

前回の記事「まるわかり!MVNOの国内事情とは?」でも触れましたが、S-Collection株式会社はf-Phoneのように実際の利用者の声に応えるサービスを付加価値として提供しています。MVNOを選ぶポイントは、「付加価値」か、「安定した通信」等、何を求めるかで企業を選ぶことに変わりつつあります。